審査員

青木 和夫 氏

青木 和夫 氏 日本大学 理工学部 まちづくり工学科 特任教授,保健学博士,認定人間工学専門家

経歴: 1979年東京大学大学院医学系研究科保健学専攻博士課程単位取得退学,東京大学医学部助手
日本大学理工学部助教授を経て1996年より現職
日本人間工学会理事(前理事長).日本公衆衛生学会,日本ストレス学会,日本運動疫学会などの会員
医療や健康・福祉に関連した人間工学の研究に従事

吉武 良治 氏

吉武 良治 氏 芝浦工業大学 デザイン工学部 デザイン工学科 ロボティクス・情報デザイン系
ユーザーエクスペリエンスデザイン研究室

経歴: 1986年九州芸術工科大学大学院修士課程修了
同年日本アイ・ビー・エム株式会社入社
大和研究所・人間工学、及びユーザーエクスペリエンス(UX)デザインセンターに所属し、情報処理機器、ソフトウェア等のユーザビリティ/UIの研究、企画・設計・開発・評価等を担当
2000年頃よりユーザー中心設計(UCD)リードとして、技術支援やコンサルティングの業務にも従事
2008年からはUCDサービスプロジェクトを担当
2013年4月より現職
一般社団法人日本人間工学会理事、人間工学専門家認定機構・機構長、NPO法人人間中心設計推進機構理事
日本人間工学会認定人間工学専門家
HCD-Net認定人間中心設計専門家
博士(工学)

金 石振 氏

金 石振 氏 首都大学東京 システムデザイン学部 インダストリアルアートコース
製品・サービスデザイン研究室 准教授

学歴: 韓国国民大学工業デザイン科卒業
東京芸術大学デザイン科大学院修了
東京芸術大学デザイン科大学院博士課程修了
経歴: サムスン電子デザインセンター
(株)日本電気 (NEC Design )
委員歴: 日本デザイン学会会員
韓国デザイン学会会員
JIDA 日本インダストリアルデザイン協会会員
韓国デザインサイエンス研究所諮問
韓国21世紀デザインフォーラム 研究諮問など

繁成 剛 氏

繁成 剛 氏東洋大学 人間環境デザイン学科 教授
専門分野 リハビリテーション工学、工業デザイン
学位 芸術工学修士、医療情報学博士

学歴: 1979年 九州芸術工科大学大学院修了
経歴: 1979年 北九州市立総合療育センター リハ工学技士
1995年 IKEA 賞(スウェーデン)受賞
1999年 北九州テクノエイドセンター リハ工学技士
2001年 近畿福祉大学 福祉産業学科 教授
2007年 東洋大学 人間環境デザイン学科 教授
2011年 飯田賞(義肢装具学会)受賞
2013年 (一社)日本リハビリテーション工学協会 会長

増田 俊和 氏

金 石振 氏

経歴: 昭和54年 埼玉医科大学卒業
同年 埼玉医科大学脳神経外科へ就職
昭和60年 米国シカゴ大学脳神経外科へ留学
昭和61年 埼玉医科大学脳神経外科助手
昭和61年 埼玉医科大学 医学博士
昭和62年 武蔵野総合病院脳神経外科部長
昭和63年 埼玉医科大学脳神経外科
平成4年 医療法人財団ヘリオス会ヘリオス会病院副院長
平成20年 医療法人直心会帯津三敬病院理事長・院長
日本脳神経外科学会 専門医
日本脳腫瘍学会など

藤森 潤一 氏

藤森 潤一 氏

経歴: 早稲田大学建築科でデザインから建物と地盤の振動解析を学んだ後、音響工学を同大学院にて学ぶ。ヨーロッパ各地の電子音楽スタジオを訪問した後にヤマハ(株)に入社。2013年定年退職するまで研究開発部門にてデジタル信楽処理、ヴァーチャル・リアリティ、ネットワーク、音の可視化など多種の研究を行う。同時期に母校を始め、東京農工大学、東京大学、スタンフォード大学, MITメディアラボ などとの共同研究・開発や、IEEE、IECなどで規格作成のプロジェクト・リーダーを務める。また社会人ドクターとして早稲田大学大学院の博士課程を経て博士号取得。現在は早稲田大学波動場・コミュニケーション科学研究所研究員、表現工学科非常勤講師、Wacooky Design 代表。

一般社団法人 シルバーサービス振興会

一般社団法人シルバーサービス振興会は超高齢社会に向けて、高齢者をはじめ国民すべてが安心して暮らせる社会づくりを民間の立場から支えるため、シルバー サービスの質の向上とその健全な発展を図ることを目的に昭和62年3月に設立された団体です。
介護キャリア段位制度事務局運営をはじめ、シルバーサービスに関する広報・普及活動や調査研究、介護サービス情報の公表制度に関する支援、サービス従事者への各種研修の実施、良質なサービスを認証するシルバーマーク制度、健康長寿のまちづくりを推進するための取り組みなど、多岐にわたる活動を展開しています。